弁護士に依頼する理由

交通事故は、被害者と加害者、どちらの方が事故に対する過失が大きいかを調べる過失割合というものがあります。しかし、被害者側に過失割合がゼロで、加害者が100%悪いと判断された場合、被害者側の保険会社は相手側に保険を支払う必要もないので、全く交渉の力添えをしてくれない場合がほとんどです。そのため、示談交渉を有利に進めるには、自分の力だけでは難しいのです。

慰謝料を請求する場合、弁護士基準で慰謝料を算出するのが一番高額になります。自分が提示されている慰謝料に納得がいかない場合、弁護士の無料相談などを利用して適正な算出額を教えてもらうのが良いでしょう。自賠責基準と弁護士基準の差はかなり大きく、弁護士に依頼しない事で知らないうちに慰謝料を損していることもあります。

また、慰謝料の算出には、後遺症の等級認定も重要です。後遺症は等級の高さによって慰謝料額が決まります。一つ等級が違うだけでも、慰謝料額はぐんと上がります。後遺症の最低ラインの14級でさえ、自賠責基準は32万円、弁護士基準は110万円と、大きな開きがあります。さまざまな条件を満たさないと、後遺障害の等級認定は難しいです。

煩雑な手続きと、慰謝料額の適正化は示談の成功には欠かせないため、弁護士に依頼する事で、余計な苦労をすることなく慰謝料を手に入れることができます。

関連HP<http://www.ko2jiko.com/