慰謝料の基準額とは

交通事故の慰謝料は、ケガをして入院したり通院したりしたときの傷害慰謝料と、後遺症が残ってしまった場合の後遺障害慰謝料、そして事故が原因で亡くなったときの死亡慰謝料の3つに分類されています。それぞれに基準が3段階定められており、どの基準を適用するかによって慰謝料の額は大幅に変わります。自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準となっており、例えば通院3ヶ月だった場合、自賠責基準では25万2000円の慰謝料が、弁護士基準では73万円にもなります。任意保険基準は、2つある基準の中間程度のものです。

後遺症と死亡に対しても同様で、受けた被害が大きければ大きいほど、自賠責基準と弁護士基準の開きは大きくなっていきます。もちろん、慰謝料額の見込みが高額になればなるほど、相手側の保険会社に正当な慰謝料を認めさせるのは困難になります。

そのためにも、妥当な額を判断できる弁護士の存在は重要です。一度示談が成立してしまえば、やり直しは相当困難です。きちんと適切な金額をもらうためにも、弁護士の力を借りるのは ベストな方法と言えます。もちろん、弁護士に依頼する事で示談交渉に伴う面倒なやり取りや書類の作成も弁護士に一任できます。弁護士への依頼は示談交渉中でも可能なので、一人で交渉に臨んで示談書にサインしてしまう前に、一度交通事故に詳しい弁護士に相談してみるのはおすすめです。