慰謝料請求は弁護士に相談

自分や家族が交通事故に巻き込まれて被害者となってしまった場合、慰謝料の金額はとても重要です。被害者が受けた心と体の傷、物的損害について、適切な慰謝料を請求するのは当然のことです。今回は、弁護士の協力を得て交通事故の慰謝料請求を有利に進めるためのポイントについて解説します。

もしも被害が少なかった場合、示談も簡単だろうと思って弁護士の手を借りずに個人で示談に臨もうという人もいますが、慰謝料が発生する交通事故の場合、弁護士が介入したほうが圧倒的に有利になります。なぜなら、交通事故の慰謝料の基準は3つあり、最も基準額の高い弁護士基準というものは、弁護士が介入しないと請求しづらいものだからです。

弁護士に依頼する事で、裁判所の過去の判例を基にした弁護士基準で慰謝料を請求できるようになります。弁護士に依頼すると、着手金や報酬を支払わなくてはならないというデメリットもありますが、その分慰謝料の額も大きくなることが期待できるので、交通事故の示談に付いて弁護士に相談するのは大切です。

もしも弁護士特約に加入していれば、弁護士費用が掛からない可能性も高いため、自分の保険の特約を見直してみるといいでしょう。弁護士特約に加入していれば、保険会社が弁護士費用を支払ってくれるので、何のデメリットもなく弁護士に依頼することができます。

交通事故の示談を弁護士に依頼する場合、交通事故の対応を得意としている弁護士を探すのが一番です。インターネットで探したり、法テラスや弁護士協会で紹介してもらったり、方法は様々です。慰謝料請求を有利に進めるためにも、プロの力を借りましょう。このサイトでは、弁護士の相談をはじめ、交通事故被害の解決に必要なポイントをまとめました。